中国骨董品の査定ポイント・買取相場まとめ

古い時代に中国で作られた「中国骨董品」が、近年の日本国内で数多くの高価買取実績を生み出している。また中国骨董品の勢いは、日本の骨董品市場全般に好循環をもたらしているため、他商材と合わせて注目すべき存在であると言えるだろう。

今回は、ここ数年生じている中国骨董人気の理由から、この商材の鑑定基準や高価買取情報を皆さんに共有していきたい。

中国骨董の高価買取実績が急増する背景には、この商材が作られた中国のさまざまな実情が大きく関係している。

中国における骨董品基準の変更

近年生じている中国骨董品における買取相場の高騰は、2007年に中国・国家文物局が改定した「中国文物の海外持ち出し基準」によるものだと言われている。この改定に伴い、20年以上前に日本に入ってきた中国骨董は従来品の数倍にも及ぶ高価買取が可能となった

これに対してここ数年で日本に入ってきた中国骨董は、逆に査定額が下がっているため、この商材の市場に良い意味でのメリハリがついていると言えそうだ。

中国骨董品オークション人気

中国人富裕層の間で流行中の中国骨董オークションも、日本の買取市場に良い影響をもたらしている。中国骨董に投資的な価値を求める富裕層達は、質の良い品物をきちんと鑑定する日本の鑑定士の能力に注目するようになった。

また彼らは日本旅行を通して中国骨董品の買い付けも行なっているため、中国よりも遥かに鑑定スキルの高い鑑定士達の力により、日本の市場に好循環が生まれていると考えて良さそうだ。

コピー品だらけの中国

オークションを好む中国人富裕層が自国以外で中国骨董品の買い付けを行う背景には、中国国内にある骨董品や古美術品の大半がコピー品といった残念な現状がある。万が一コピー品を購入してしまうと、オークション投資自体に大きな失敗が生じるため、リスク回避という点でも旅費をかけて日本に来ることも納得できる行動と言えるだろう。

このような富裕層の動向は、中国人にとってもメイドイン中国の品質に疑念があることをあらわしている。

日本旅行・爆買いの影響

東京オリンピックに向けさまざまなサービスが整いつつある日本には、中国人を中心とした大勢の外国人観光客が訪れている。そんな彼らの楽しみには、家電や骨董品、古美術品を含めた「爆買い」があるため、日本にある商材を買い漁る観光客の存在が国内の市場に良い意味での品薄状態をもたらしていると考えて良いだろう。

このように外国人観光客の流入といった観点で中国骨董人気を考察すると、東京オリンピックに向けて日本国内が活況状態になるあと数年は、この盛り上がりが続くと言えそうだ。

買取市場の中でも最もアツいと言える中国骨董品という商材について、高価買取情報を紹介してみた。現在人気が最高潮に達している中国骨董は、「今」というタイミングを逃さないことが高額査定に繋がるコツだと言えるだろう。買取業者の選定に悩んだ時には、作家名や品目の検索だけで買取情報が調べられる当サイト・ヒカカク!を活用してみて欲しい。

また、上記であげた注意点はしっかりと守っていただきたいと思う。中国骨董品はせっかく価値のあるのであるため、ぜひできるだけ高額で買取していただきたいものだ。それを実現するためには、少し手間になり面倒はあるかもしれないが、ぜひとも状態の確認、買取相場の調査、そして複数の買取業者に査定の依頼をすることを忘れずに行なっていただきたい。

買取価格を知るなら実際にWEB見積もりして貰うのが一番早い。基本的にはその日中に買取価格をおよその値で回答してくれる。宝の森市場は中国骨董品の無料査定サービスで定評があるようなので、試してみよう。