中国美術品の基礎知識

美術品のジャンルはかなり広いといえます。世界的に貴重な書画や陶芸はもちろんのこと、玩具や服飾等まであります。その中の基本的なところとしては書画、絵画、陶芸、工芸品が最も人気があると言えます。これらをさらに分類する事もでき、それぞれに大きな特徴を持っています。
一つ例を挙げると陶芸や焼き物の場合は、土器、焙器(ストーンウエア)、陶器、磁器といった種類がそんざいします。また土器もっと詳しく分けると、製造された時代や場所、着色の方法といった製作過程、姿形によって分類する事も可能です。従いました、見た目は同じような雰囲気の作品であっても、まったく違う時代のだったりする事は結構あります。そのため、誤って購入したケースよくあります。「自分が求めていた種類ではなかった」等の話もよく耳にするので、気を付けるところです。
書画では、著名なな書画家たちにフ注目し、系譜を説明しています。書聖と呼ばれる王羲之(おうぎし)について取り上げ、後世の中国書画や文字(漢字)にどのような影響を及ぼしていったかも後の節で解説します。
絵画では、東洋の絵画との違いや、中国の絵画ならではの特徴に関して解説しています。中国絵画のなかでも、特に評価が高い、文人画や山水画について特集。後世の中国絵画にどのような影響があったかも紹介しています。
今後、印材や陶磁器、世界出的に評価の高い青磁・白磁についても詳しく説明します。関心のある方は、参考にしてください。