絵画

絵画

水墨画は中国からもたらされました。江戸時代以前の日本にとって、中国は一番近い先進国であり、中国の絵画や工芸品はとても高級な舶来品〔はくらいひん〕でした。なかでも、中国からもたらされた絵画は総称して「唐絵」と呼ばれました。唐絵の一種として日本に伝来した水墨画はその技法や画風が日本人に好まれ、日本文化に溶け込み、日本独自の様々な文化や流派が生まれることとなりました。
中国と日本が融合するかのように生まれた水墨画には、現在でも”水墨技術を使った絵”という意味のほか、”中国風に描かれた絵”など幅広い意味が含まれています。また、水墨画というと真っ先に黒墨で描いた絵を思い浮かべますが、実際は多くの色を用いて描かれる極彩色の水墨画も存在するようです。